女性

大腸がんの病気を知る|体内を診察してもらう

女性に多い病気

お腹を押さえる人

どんな人が心配か

快便を保つことが自分でもできる大腸がん予防と言えるでしょう。そのためには、発酵食品を積極的にとることや、繊維質の食品をよく噛んで食べることが大切です。また、肉をとりすぎないことや、水分を十分にとることも効果的です。さらに、運動不足を解消することといった、ごく一般的な健康法を毎日続けることが重要なのです。当たり前のことを続けることが案外難しいのですが、時々は自由な食を楽しみつつ、基本的にはシンプルな和食をいただくことが良い方法です。簡単なのは主食を白米だけにするのではなく、雑穀や、押し麦を加えたものを食べることです。それにより、効率よく食物繊維が取ることができます。そこに野菜の味噌汁と、納豆を加えると、あっという間に便秘予防にいい食事が出来上がりです。難しく考えないで、楽な所から始めていきましょう。

便秘予防をしましょう

大腸がんは女性に多いがんです。その理由は、女性は男性に比べて便秘する体質であり、結果排泄物の毒素が抜けないからです。そのため、大腸に負担がかかり便秘になるようです。定期的な健康診断で、大腸がんは発見される場合が多いですが、健診も万全とは言えないかもしれません。見逃されてしまうと、知らないうちに大腸がんが大きくなってしまっている場合もあります。かといって健診が必要ないかといえばそうではなく、早期発見して大腸がんが小さいうちに摘出することが、その後の体への負担も大変少なくなります。自分の体のことですし、年に一度のことですから、面倒がらずに健康診断を受診しましょう。体調のチェックを怠らないようにし、余裕があれば内視鏡検査も積極的に受けましょう。